式前に音楽を流す葬儀

式前に音楽を流す葬儀

家族葬を検討したとき、まずはどのような方法があるのか知りたいと思いますね。

まず家族葬は、自分たちの希望を自由に盛り込んで行うことができますので、式の最中に音楽を流すのではなく、お式の前や食事を摂っているときなど、式以外の時に流すこともできるのです。

この形の葬儀の場合、静かな形で無宗教で葬儀行いたいという方にも適しています。

さらに、式前や食事の時に音楽を流すことによって、多くの方の悲しみも和らげることができますし、親しい方と家族の思い出話をするとき、故人に対しての思いを同じくすることもできます。

式自体は厳かに行いたいという方でも、この形の音楽葬であれば、暖かみがあり尚且つ心に残る式を行うことができるでしょう。

葬儀の新しい形家族葬とはなにか

最近の葬儀では従来の形に拘らず、家族葬を取り入れる方が増えてきましたね。そこで家族葬がどのようなものなのか、また注意点などを簡単に説明したいと思います。

仏教などの葬儀では通常、読経を行ないますがその代わりに故人が愛した曲や故人にゆかりのある音楽などを流すものを言い、生歌や楽器を使用した音楽など様々な音楽が流せます。また斎場で音楽を流せない場合、通常の葬儀を行った後で会場を移動し葬儀を行う場合があります。

注意点として家族葬は新しい葬儀の形なので、まだ家族葬を知らない方も多く葬儀屋さんとの打ち合わせが非常に大切になります。音楽を流せる会場の準備など早めの打ち合わせが必要です。また親戚や近い参列者にはしっかりと音楽葬を行う事を説明しておいたほうがいいでしょう。故人が家族葬を望んでいた事をしっかり話しておかないとトラブルになるケースもあります。


家族葬について


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar