葬儀ってどんな感じなの?

葬儀ってどんな感じなの?

葬儀というのがどのような感じなのか書いていきたいと思います。

 葬儀というのは、仏式やキリスト教式等の宗教色をなくした上で、生演奏やクラシック曲をかけた上で、故人を見送るという葬儀になるものと、仏式などの宗教的な要素の葬儀にに加えて、音楽を流して葬儀を行う2方式があります。

 主に前者の葬儀について書いていくと、日本人に最も一般的な仏式と異なるところとして、お経の代わりに音楽が流れてその間に献花や焼香を行うという形になります。そのほかは、家族葬と一般的な葬儀に大きな差がありません。

 近年、やや宗教色を排したような葬儀を行うご家族も増えてきていると聞きますので、家族で葬儀を行うのも一行の価値があるかもしれません。

家族葬のメリットや特色とは

家族葬とは、音楽が流されているお葬式のことを意味します。

家族葬には特別なしきたりはありませんし、宗派にも決まりがありません。

芸能人やミュージシャンなどがよく行なうイメージの強い葬儀ですが、誰でも行うことが出来ます。

家族葬のメリットと言えば、故人の個性が演出しやすいことや、参列者としても故人との思い出を振り返りやすく感動できるお葬式を叶えやすいことなどが挙げられます。

宗派を持たない方の葬儀としても、用いられる方が多いものです。

葬儀の方法によって、お葬式の演出や、故人を偲ぶための心がより深くなることでしょう。

家族としても、お葬式のプログラムづくりに関わりやすく、手作り感のある温かいお葬式を叶えられます。

葬儀で流す音楽には、CDのような音源を使うものと、音楽団やピアノ奏者のように生演奏をおこなうタイプのものがあります。
葬儀について


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar