弔辞の書き方とマナー

弔辞の書き方とマナー

弔辞の書き方とマナー。自分らしいことばで

弔辞を読んだことがありますか。人生においてそう何度もできる経験ではないと思います。

弔辞はその名のとおり亡くなった人を弔う言葉で、霊前に捧げるものです。どの告別式でも必ず弔辞を読むというわけではなく、社葬や規模の大きい葬儀では多いそうです。無宗教葬で「お別れの言葉」や「追悼の言葉」と紹介される通り故人が最後に送ってもらったら嬉しいだろうと思われる人に頼むのが良いようですので、故人と親しいお付き合いのあったかたにお願いされるわけですね。

喪主や世話役代表が前日までに本人にお願いするのですが、頼まれた側はお受けするのがマナーとなります。急ですし、人前でのスピーチは苦手という人もいるでしょうけど、故人に自分の思いを語りかけられる大切な機会をいただいたと思い、信頼してくれた遺族の気持ちもくんで快く引き受けたいところですね。

しかしどう書いたらいいのか迷います。でも硬い文章やかしこまった文章はいらないのです。自分が故人を悼む気持ちを素直に伝えられたらそれで良いのではないでしょうか。自分のことばで思い出を語ってくれたらどれだけ嬉しいかと思います。印象的だったことや人柄、経歴などを織り交ぜながら書くと良いようですが、経歴などを入れる場合には、間違いのないよう遺族に確認しておくと無難です。

文章の長さは、時間にして3分程度。文字数にして四百字詰め原稿用紙三枚程度が目安だそうです。告別式の中でで許される時間もあると思うのでこれも事前に確認する方がいいですね。下書きが済んだら読み返し大丈夫ならご尊前に捧げる紙に清書します。正式には巻紙か、じゃばら折の奉書紙に毛筆で書くことになっているようですが、無地の便箋にペンで書いて封筒に入れて捧げることも多くなったそうです。

そして当日、指名を受けたら弔辞だけを手に持って静かに祭壇の前に進みます。遺族に向かって一礼、参列者に向かって一礼して、遺影に向かって一礼します。弔辞の包み紙や封筒は、台が用意されていればそこに置き、なければ弔辞の下に持ちます。読むときは、目の高さに持ち、はっきりと遺影に語りかけるように読み上げます。涙がこみ上げてくる場面もあるでしょうけれど、なるべく抑えて淡々と読むのがコツのようです。緊張のあまり、つい早口になってしまうこともあるので、ゆっくりと語尾をはっきりと読むようにすると良いようです。

読み終えたら、元の通りに包んで、表書きが祭壇側から読める向きに置いてご尊前に捧げます。そのまま一、二歩下がって、遺影、遺族、参列者の順に一礼して自分の席に戻ります。捧げられた弔辞は遺族が保管することが多いようです。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar