葬儀の際に気に障る事

葬儀の際に気に障る事

 葬儀に参加するのに微妙な感覚になってことがある方も多いかと思います。

 私の場合、付き合って間もない私の彼女のお父さんが亡くなりました。参加しようかどうしようか迷った挙句に、親に相談したところ、行く必要はないとの話になりました。しかし、独自の判断で参加をすることにしました。

 しかし、付き合って間もない僕にとって、相手の母親に会うのも初めて、ましてや親せきになどあったこともありません。そんな状態で葬儀に参加しても、微妙な雰囲気でした。葬儀後すぐに帰宅しようと思いましたが、流れで葬儀後も滞在してしまい、また酒も飲んでしまって不要なことを話し、やはり雰囲気が悪くなりました。その葬儀後、その彼女とは連絡も取れなくなり失敗でした。無理に葬儀に参加せず、本当に参加が必要な争議かどうか確認したのち、参加するようにしたいと感じた葬儀参列の記憶でした。

葬儀に際しての世話役の役割

葬儀を執り行うに当たっては、世話人を決めることが大切になります。それは、喪主や遺族は弔問を受ける立場になりますので、葬儀全体の実務を執り行うことが事実上難しいからです。そこで葬儀の実務を全般的に見てもらう人として世話人が必要になるのです。世話役には、親族や親しい友人、近所の人など、喪家の事情をよく知っており、葬儀の知識と経験が豊富である人が適任です。

葬儀が無宗教でない限りは、亡くなったならばすぐに寺院や神社、教会に連絡を入れることになります。その際は喪主が直接出向いて葬儀を依頼するべきなのですが、やむを得ない時は電話でお願いするときにその旨を伝え、打ち合わせをすることになります。

葬儀を行う上では葬儀社が多くの役割を果たしてくれますので、世話役と喪主が立ち会って打ち合わせるといいでしょう。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar