葬儀を執り行う前に

葬儀を執り行う前に

葬儀を行う前にはいくつかしなければいけない事があります。

亡くなったからといって葬儀だけを考えればいいという事にはなりませんので、注意をしなければいけません。
そこで葬儀前に行うべき事ですが、まずは届け出があります。
なくなったという事を役所に届け出なければいけません。

葬儀の前に死亡診断書をそえて役所に死亡届を提出することになるわけです。

そこでその葬儀前に役所得行くわけですが、届け出が終わりましたら火葬許可書を受取ります。
それから、火葬場の予約をする事になるわけです。
そこまで終わってから葬儀について葬儀社とお話し合いをする事が一般的です。
葬儀式場の手配をしまして、さらに祭壇の設置というものを行っていくわけです。
以上の点について、認識しておくようにしてください。

親の葬儀に備えるには

そろそろ三十も半ばになってきて、親の健康状態も芳しくないこともあって、そろそろ親の葬儀のことも考えなければならない年齢になってきました。

 親の葬儀ですが、生命保険に親が加入していればそのお金は生命保険から出てきますが、そうでない場合、親の貯金から捻出することを考えるのが普通でしょうか。しかし、その貯金もないと考えた場合、そろそろその葬儀のための資金を準備する必要が出てくるでしょう。この葬儀の資金は生命保険などと同じように積み立てを行うことも可能なようです。しかし、やはり手元に資金があったほうが良いものと考えられますので、銀行に専用の口座を作って、少しずつ余裕のある時に蓄え、親の葬儀資金を蓄えることも必要なのではないでしょうか。

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar