儀費用の平均とは?

儀費用の平均とは?

葬儀を執り行う場合、まずは通夜でお配りする返礼品の準備や、精進ぶるまい手配、精進落としなどさまざまな費用がかかります。短期間でさまざまな準備をしなければならず、本当にその金額が適正なのかも正直いってよくわかりません。

 

全国平均では葬儀費用は200万前後のところが多いようですが、全国各地では葬儀の風習や宗教の違いによってばらつきがあるようです。その他にもお坊さんへのお布施や戒名で平均30万前後はかかります。(戒名はランクがあり、一番低くて10万前後から)

 

家族葬でつつましやかに葬儀を行う場合でも、100~12.30万前後はかかってしまうようですが、この料金は花飾りや参列者の人数によっても変わっていきますので、手持ちの金額に余裕が無い場合は親族と相談しながら決めていきましょう。

 

なお、葬儀会社への支払いは現金で1週間以内に済ませるのが一般的ですので、故人の預金などを費用に当てられる方は、死亡届を出される前までに現金を引き出しておきましょう。

 

身内だけで故人を送る葬儀

姉の葬儀をした時の話です。身内の葬儀を執り行うのは初めてでしたし、本当に急な事でしたので、まず何から手をつけていいのか全くわかりませんでした。

とりあえず新聞記事に載っていた葬儀会社に母が連絡をとり、来て頂いてからは丁寧に段取りを教えて頂き、色々とフォローして下さったので

急な事で憔悴仕切っていた我々家族も非常に助かりました。
一般的な葬儀といえば会場を借りたりして、何百万円もかかるイメージでしたが、
葬儀会社の方の勧めで家族葬というものを知り、その式でお願いする事にしました。
身内とごくごく親しい知人だけを呼んで、とても温かく故人を送れた事に感謝しています。
葬儀自体は20数万円位で行う事が出来ましたし、こういう葬儀もあるんだと知り、自分の時はこういう風に送って欲しいなと思える葬儀でしたね。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar