通夜について

通夜について

葬儀の最初に行われる、通夜というのは近親者のみで行われるのが普通でした。

一般の方は、告別式に参列という形でした。
最近の若い方は、葬儀は通夜への参列が多く、告別式への参列が少なくなっているようです。理由の一つが、時間です。

日中は、時間がとりずらいので、葬儀の連絡を受けても夜間に行われる通夜の方が参加しやすいからです。
また、通夜では地味な平服であれば、礼を欠くことがないからです。
私の葬儀に対する思いは、次のようなことです。
葬儀に参列することは、故人に対して姿勢を正して、敬意をあらわすことです。故人に生前との付き合いに礼をもって送り出す。
最近の考え方は、ちょっと違っているようです。また、通夜にしても、翌朝まで線香を絶やさずにというのはなくなりました。

通夜ではなく、半通夜で絶対に消えない線香が使用されています。時代の変化とともに葬儀のような儀典は形や意味が変遷するのは、仕方ないですが合理的に変わるのは寂しい気持ちがします。

葬儀の前に宗教を確認しましょう

葬儀をする時には非常に大切な事がいくつかあります。
その大切な事ですが、いわゆる宗教をチェックするというものです。
葬儀にとってとにかく宗教は大切なものになります。

葬儀を行う時は宗教について間違ったものを行うと、お墓に入る時にちょっとしたトラブルになってしまう事もあります。もう一度簡略化した葬儀を行ってしまわなければいけなくなるようなこともあります。お金もかかります。

しかも、宗教については難しいのが、例えば仏教といいましても一つではありません。宗派というものがあります。その宗派によっても葬儀には違いがあります。

その宗派にマッチングしたお坊さんを葬儀に呼ばなければいけないわけです。
葬儀は宗教が最も大切といわれています。
その点は忘れないようにしてください。

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar