葬儀を主宰する側になって

葬儀を主宰する側になって

葬儀を主宰する側になって思ったこと

葬儀に参加した時は特に思わなかったのですが、葬儀を主宰する側になって葬儀とは大変な作業だと気づきました。直接葬儀の段取りに加わったわけでないのにかなり疲れました。まず葬儀の段取りを決めるのが大変です。葬儀社選びから葬式、通夜の日取りの設定などするべきことは沢山あります。段取りを決めた後も忙しいです。

香典返しの商品を選んだり、葬式後の精進料理を食べる場所やメニューを選んだりする必要があります。
この時点である程度出席者の人数を把握しておく必要があり、前もって葬儀に参加するであろう人々に連絡を取っておくとスムーズに作業が進みます。
葬儀の最中はお寺の方や出席者の間を走り回って何かと忙しいですし、終了後もやっぱり忙しいです。
ともかく葬儀を行うのは大変だなというのが私の実感です。

納得する葬儀を行う為には

大切な方を失ってしまった時、とても悲しみに暮れると思いますが、大切な方をしっかりと天国に送らなくてはいけません。その為には納得することができる葬儀を選択する必要があります。葬儀を行う場所は、全国各地の場所に存在しています。その為には、葬儀場をしっかりと選択し、大切な方が安心して天国に行けるように導く必要があります。納得することが葬儀を行う事ができれば、亡くなった方も安心して天国に行く事ができるはずです。また葬儀を行う側も納得することができる葬儀をすることができれば、葬儀に対して満足することができるはずです。このように納得する葬儀を行う為には、しっかりと葬儀場を選択する必要がありますので、葬儀場をしっかりと選択するようにしてください。

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar