喪主、世話役の役目とは

喪主、世話役の役目とは

喪主、世話役の役目とは

喪主の決め方をご存知でしょうか。その葬儀の主催者となるのが喪主です。遺族の代表であると共に、故人に代わって弔問を受けるという大事な役割がある喪主は、通常、故人に最も縁の深い遺族が努めます。

故人の指名がある場合はここでもやはりそれに従います。既婚者が亡くなった場合は、その配偶者が努めることになりますが、配偶者が既に亡くなっている、または高齢や病気のために努めることが困難な場合には子供が努めることになります。

もしもその子供がまだ未成年なのであれば、親族から後見人を出すことになります。成人であれば、いつ自分が喪主を努めることになってもおかしくはないということですから、知識を携えておけばいつか役に立つ日が巡ってくると考えられますね。

また、喪主に並び決めなくてはならないのが世話役です。弔問客や僧侶の応対を行う喪主に代わり、葬儀全体の実務的な部分を取り仕切るのが世話役の役目です。一度は経験したことのある人も多いかと思いますが世話役は一人ではないので、親族、親しい友人・知人、職場の同僚、近所の人などに数人お願いをします。

世話役の仕事は、受付係、会計係、進行係、接待係などです。葬儀の規模などに応じて人数を変更したり、兼任してもらったりと調整もでてくるので、世話役代表の人を決めておく必要があるのです。

世話役代表は、故人や喪家の事情に通じた、経験豊富な人が適任ですね。それから、喪主の仕事をもうひとつ。葬儀場で葬儀を行わず、宗教に基づき寺院や神社、教会などで葬儀を行う場合は、喪主が連絡をとり葬儀の依頼をする必要性があります。

近頃はこれも葬儀社が行ってくれることが多いようですが、例えば仏式の場合は打ち合わせをし、“戒名(かいみょう)”をつけてもらわなくてはなりません。“戒名”とは、死者が成仏できるようにとの願いをこめて、仏の弟子としての名を与えてもらうものです。

呼び名も宗派によって少し変わり、日蓮宗では“法号(ほうごう)”と呼び、浄土真宗では“法名(ほうみょう)”と呼ばれます。菩提寺(ぼだいじ)といって先祖代々の位牌が納められている寺や宗派がわからないときはとりあえず俗名のまま葬儀を行い、後から戒名をもらうこともできるようです。いざというとき慌てないために、家族の菩提寺や宗派も把握しておくべきことのようですね。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar